ローテーションをスムーズにするための練習

ローテーションをスムーズにするための練習

『ローテーションをスムーズにするためにはどうしたらいいですか?』

このようなメールが届きましたので、考えていきたいと思います。

 

ローテーションをするためには、もちろんダブルスのパートナーとの話し合いも必要です。

しかし、自分の中でのルールができていないのであれば、自然に前にいける状態を作ったり、横に広がったりとできなければなりません。

そうした練習を重ねていくことでローテーションも上達します。ぜひ、練習を重ねて上達して頂きたいと思います。

 

ローテーションのパターン

 

ローテーションのパターンとしては・・・

 

  • 攻撃の時にはトップアンドバック
  • 守備の時にはサイドバイサイド

このようになります。

ダブルスで攻撃をするわかりやすいパターンとしては、相手がシャトルを上げてくれた時です。

この時は必ずトップアンドバックになります。

この状態は前と後に別れてシャトルに対応していきます。

 

サイドバイサイドは横並びになって相手の攻撃をレシーブする守備の態勢になります。

 

ローテーションの練習(初心者編)

 

ローテーションの練習方法としては、初心者はトップアンドバックの練習から初めてみてください。

これは、半面で行います。

練習としては、1:1で行います。

1人はレシーブのみで、もう一人はトップアンドバックの後衛からスタートします。

レシーブ側の人が甘いショットなどになったらどんどん前へ詰めていく練習をしてください。

 

この練習を行うことで、実際のダブルスの時にトップアンドバックの後衛が攻めて前衛に動き、もう一人のパートナーと前後の入れ替わりができるようになります。

 

ローテーション2:2での練習(初心者〜中級者編)

 

今度はゲーム形式でローテーションを練習してみましょう。

最初は片側の2の方がレシーブ。もう片側の2の方が攻撃で別れます。

 

レシーブ側の人は攻撃側の人が攻められなくなるコースやショートレシーブなどを使い、攻撃側にロビングやクリアを打たせるように仕掛けます。

 

仮に、攻撃側の2のどちらかの人がロビングやクリアで上げてしまったら、攻撃側の人は守備態勢であるサイドバイサイドにローテーションでなって守りに変わってください。

 

逆にレシーブ側だった2の人は上がってきたショットをスマッシュやカットやドロップを使いレシーブ側の2を崩していきます。

このように相手を崩して上げさせる練習を行うことで、ローテーションの練習を行うことができます。

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、ローテーションをスムーズにするための練習について解説してきました。

2つの練習方法をお伝えしました。

ぜひ活用してローテーションをマスターして頂きたいと思います。

 

その他のローテーションの記事はこちらからご覧ください。

→ バドミントンダブルスの【ローテーション】戦術とフォーメーション

 

 

DVDなどを参照にして練習方法を探している人はこちらをご覧ください。

→ 8大特典付きバドミントンDVD特集