【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントン桃田賢斗のネット前へのフットワーク(フォア)

ホームポジションを相手の位置により変えるフットワークが速くなる練習
ホームポジションを相手の位置により変える
この記事は約5分で読めます。

 

バドミントン桃田賢斗のネット前へのフットワーク(フォア)

バドミントン桃田賢斗のネット前へのフットワーク(フォア)

バドミトン の桃田賢斗選手のネット前のフットワークを確認して、上達に役立てていきましょう。

今回は、センターポジションからフォア前までを桃田賢斗選手がどのように動いているのかを確認していきましょう。

ネット前までのフットワーク

ホームポジションを相手の位置により変える

ホームポジションを相手の位置により変える

ホームポジションを相手の位置により変える

桃田賢斗選手はネット前までのフットワークをみていきましょう。

相手が左奥から打ってくるので、左コートのよりのセンターポジションを作ることから始まります。

 

センターポジションは、真ん中ではなく、相手の動きにより変化があるのを桃田賢斗選手を見るとわかるかと思います。

 

足を引きよせホームポジションに戻る

足を引きよせホームポジションに戻る

足を引きよせホームポジションに戻る

相手選手は、打点の下に入る準備をしています。

桃田賢斗選手も相手選手がどのようなショットを打って来ても対応しやすいようにセンター付近のポジションにフットワークで移動を続けています。

大きく飛ばないリアクションステップ

大きく飛ばないリアクションステップ

大きく飛ばないリアクションステップ

桃田賢斗選手の場合、大きく飛ばないリアクションステップのように見えますね。

フットワークの移動を利用して、その中で一瞬軽く両足とも付いていない状態が相手選手のインパクト前に始まります。

上の画像では、肩幅程度の足幅です。

この状態では、反応・バランス共に悪くなってしまいます。

 

足を宙に浮かせバランスを整える

足を宙に浮かせバランスを整える

足を宙に浮かせバランスを整える

 

相手選手のインパクトの瞬間、両足を浮かせて、打ってくる場所へ対応するための準備をしています。

上の画像では、桃田賢斗選手が両足を浮かせているのがわかります。

 

コースに向かいフットワークを開始

コースに向かいフットワークを開始

コースに向かいフットワークを開始

 

相手のコースがわかり、コースに向かう桃田賢斗選手。

右足を着地させてコースへと向かう準備をしているのがわかります。足先もしっかりとシャトルを捉えています。

 

右足を擦りよせて、シャトルの射程圏内にフットワーク

 

 

右足を擦りよせて、シャトルの射程圏内にフットワーク

右足を擦りよせて、シャトルの射程圏内にフットワーク

 

右足も引き寄せて、シャトルの打てる範囲にフットワークをしていきます。

もちろん多少の上下はしますが、フットワークの最中にほとんど頭の位置が動かない。

これがフットワークが早い理由でもあるのでしょうね。

 

関連記事

→ バドミントンのフットワークを速くする【簡単】リアクションステップ・トレーニング・練習方法

 

左足の秘密

左足の秘密

左足の秘密

 

利き足でもある右足に注目していきましょう。

桃田賢斗選手の場合、ここからの配球に左足の方向により打ち分ける癖が強いです。

 

例えば、そのままヘアピンを正面に落とすなら、つま先がシャトル側に向いていることが非常に多いです。

そして、上の画像では、クロスへのロビングをあげる場面なのですが、その時は、桃田賢斗選手も同時に右側にホームポジションを持つために、踏ん張りが更に効きやすい足の使い方をしているのではないでしょうか。

 

つまり、つま先の方向により打つ場所が変わってくることになります。

 

 

桃田賢斗のフットワーク(つま先の位置)

桃田賢斗のフットワーク(つま先の位置)

桃田賢斗のフットワーク(つま先の位置)

 

これが正面の左前にヘアピンを落とす時の足先の位置です。

先ほどの画像と比べるとわかりやすいかもしれませんね。

桃田賢斗フットワークを比較

桃田賢斗フットワークを比較

 

このように足先が変わっているのがわかりますね。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントン桃田賢斗のネット前へのフットワーク(フォア)について解説をしてきました。

世界で活躍をしているプレーヤーのフットワークを動画などで見ていると、何をしているかわからない。

このようなこともありますが、今回のように少しずつ見ていくと、わかることも沢山出てきますね。

 

真似をして、あなたのフットワークの上達につながればとても嬉しいです。

 

 

関連記事

→ 桃田賢斗のリアクションステップ!フォア奥への移動からスマッシュ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました