【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

フットワークが遅い理由!それはムダ足にある?

フットワークが遅い理由!それはムダ足にある?フットワークが速くなる練習
この記事は約2分で読めます。

フットワークが遅いと言われたり、もう少し早くしたいと思っている人は多いです。

相談内容で毎日何通かはフットワークについてのお話になります。

フットワークが遅い理由を今回は1つだけに絞りお話をしていきたいと思います。

最後まで、よろしくお願いします。

 

フットワークの遅い理由

フットワークが遅い理由!それはムダ足にある?

フットワークが遅い理由!それはムダ足にある?

フットワークが遅いその理由は腰の高さや反応しにくいスタンスで待っていたりすることでも遅くなります。

その中でもフットワークを遅くする原因でもある歩数。

歩数を増やすとなぜ遅くなるのか。

歩数を減らすと何が改善されるのか。

 

次の章では、フットワークの歩数によって起きるメリット、デメリットについて触れていきたいと思います。

フットワークの歩数が多いと起きるデメリット

 

フットワークの歩数が多いと起きるデメリットは、歩数分遅くなることです。

歩数が少なければその分、目的地まで到達する時間は減ります。

なので、出来るだけ歩数を減らし、進めて行くこと。

本当は3歩で届いているフットワークを5歩で行っていませんか?

もちろん体格などもありますが、仮に練習ですれすれまで動くことで、そうした癖がついているのであれば、逆に歩数を減らして行くことでフットワークを速くすることが可能かもしれません。

次はフットワークの歩数が減ると起きるメリットについて

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

コメント

タイトルとURLをコピーしました