【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

シングルスで前後にスムーズにフットワークができないワケ

シングルスで前後にスムーズにフットワークができないワケフットワークが速くなる練習
この記事は約3分で読めます。

シングルスをしていると、ネット前に落とされてから、ロビングを上げられて後ろに下がる時など、前後のフットワークが動けない場合ありますよね。

そのような時にシングルスでスムーズに動けるようになりたい!!

今回の記事はこれを目指したいと思います。

シングルスのフットワークで悩んでいる人はぜひご覧ください。

シングルスでのフットワーク

シングルスで前後にスムーズにフットワークができないワケ

シングルスで前後にスムーズにフットワークができないワケ

シングルスでのフットワークはダブルスの時と違い、サポートをしてもらえるパートナーが居ません。

なので、後ろから前へ、前から後ろへは自分自身で取りに行かなければなりません。

自分で打ったショットに対して、全ての責任は自分にあるのがシングルスです。

その時に、例えば、フォア奥からクロスのネット前にシャトルを出したとして、ネット前に落とされた場合、コートの最長距離を走らされることになります。

 

その時に対処できる体勢を作り反応したいですね。

 

それでは、シングルスでフットワークをスムーズにするための方法と原因をみていきましょう。

 

スムーズにフットワークができないのは上体が高いため

 

スムーズにフットワークができない理由の1つに上体が高いためということが考えられます。

上体が高い時に考えられることは・・・

  • 膝が曲がっていない
  • 足幅が狭い

この2つが考えられます。

なので、上体を低くするための方法としては、足幅を少し広げ、膝を曲げれる状態を作っていきましょう。

このようにしているだけでも、シャトルへの反応、フットワークは早くなります。

 

 

横からみて頭がどこにあるか

 

上体の話にもなるのですが、横から見た時に、頭の位置が全体より後ろにある場合、つまりのけぞっている状態の時には、かなり出だしも遅くなり、フットワークも遅れます。

横から見た時に、全体と同じくらいかやや前くらいに頭があることで、前への移動もスムーズになります。

また、後衛へも移動がしやすくなります。

なので、横から見た時に頭の位置が後ろに下がらないように注意していきましょう。

次はフットワークがスムーズにできない時は足に注目について

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

コメント

タイトルとURLをコピーしました