シングルスで前後にスムーズにフットワークができないワケ

シングルスで前後にスムーズにフットワークができないワケ

 

シングルスをしていると、ネット前に落とされてから、ロビングを上げられて後ろに下がる時など、前後のフットワークが動けない場合ありますよね。

そのような時にシングルスでスムーズに動けるようになりたい!!

今回の記事はこれを目指したいと思います。

シングルスのフットワークで悩んでいる人はぜひご覧ください。

シングルスでのフットワーク

 

シングルスでのフットワークはダブルスの時と違い、サポートをしてもらえるパートナーが居ません。

なので、後ろから前へ、前から後ろへは自分自身で取りに行かなければなりません。

自分で打ったショットに対して、全ての責任は自分にあるのがシングルスです。

その時に、例えば、フォア奥からクロスのネット前にシャトルを出したとして、ネット前に落とされた場合、コートの最長距離を走らされることになります。

 

その時に対処できる体勢を作り反応したいですね。

 

それでは、シングルスでフットワークをスムーズにするための方法と原因をみていきましょう。

 

スムーズにフットワークができないのは上体が高いため

 

スムーズにフットワークができない理由の1つに上体が高いためということが考えられます。

上体が高い時に考えられることは・・・

  • 膝が曲がっていない
  • 足幅が狭い

この2つが考えられます。

なので、上体を低くするための方法としては、足幅を少し広げ、膝を曲げれる状態を作っていきましょう。

このようにしているだけでも、シャトルへの反応、フットワークは早くなります。

 

 

横からみて頭がどこにあるか

 

上体の話にもなるのですが、横から見た時に、頭の位置が全体より後ろにある場合、つまりのけぞっている状態の時には、かなり出だしも遅くなり、フットワークも遅れます。

横から見た時に、全体と同じくらいかやや前くらいに頭があることで、前への移動もスムーズになります。

また、後衛へも移動がしやすくなります。

なので、横から見た時に頭の位置が後ろに下がらないように注意していきましょう。

 

フットワークがスムーズにできない時は足に注目

それでも、フットワークがスムーズにできない場合には、足を確認してください。

ネット側を向き、両足のつま先が並んで返球を待っていませんか?

 

その場合には、後ろに下がる時に下がりにくく、前の移動も難しいです。

なので、移動しやすい状態を作りたいのですが・・・

 

足先を半歩から1歩ずらすことにより動きやすくなります。

また、この時も膝を少し柔らかめに軽く曲げておくとフットワークが楽にできるかと思います。

 

ラケットを持っていない手にも注目

 

ラケットを使っていない手にも注目してください。

フットワークとは関係がないと思われがちなラケットを持っていない手。

これは、非常に重要です。

例えば右利きで、左手がいつでもダランとしているだけだと、バランスが悪くなり、移動するときや打つ時に安定しない場合があります。

そうならないように、ラケットを出したら、その反対にラケットは持っていないけど出すくらいの気持ちで手をあげましょう。

そうしてバランスが取れることで、フットワークもブレないで安定したショットを繰り出すことができるようになります。

 

フットワークに関する記事はこちらになります。

→ バドミントンのフットワークを速くする【簡単】リアクションステップ・トレーニング・練習方法