【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンスマッシュを【2つ】の手首の打ち方の違いで速くする

バドミントンスマッシュを【2つ】の手首の打ち方の違いで速くするスマッシュの打ち方
バドミントンスマッシュを【2つ】の手首の打ち方の違いで速くする
この記事は約3分で読めます。

バドミントンのスマッシュの時に2つの手首の使い方を覚えるようにしていきましょう。バドミントンでスマッシュを打つときに良い体勢で入れる場合とバランスを崩して入る場合このようなことが考えられます。

その時に同じフォームでスマッシュを打とうとしても、うまく力が伝わらない場合があります。

スマッシュを速くする手首の使い方

バドミントンスマッシュを【2つ】の手首の打ち方の違いで速くする

バドミントンスマッシュを【2つ】の手首の打ち方の違いで速くする

その場合には、2つの手首の使い方を知って無理のないスマッシュを打つ方法を学んでいただきたいとおもいます。

バドミントンのスマッシュは攻撃的なショットで打っていくことで有利に試合を運ぶことができます。なのでロビングやクリアが上がってきた場合、できる限りスマッシュをうち有利になるようにしていくといいです。

 

バドミントンのスマッシュを速く打つ手首の方法

バドミントンのスマッシュを早く打つ手首の方法(うちわを仰ぐような打ち方)

バドミントンのスマッシュを早く打つ手首の方法(うちわを仰ぐような打ち方)

バドミントンのスマッシュを早く打つ手首の方法(招き猫のような打ち方)

バドミントンのスマッシュを早く打つ手首の方法(招き猫のような打ち方)

手首の使い方は2つ

  • うちわをあおぐような手首の使い方
  • 招き猫のような手首の使い方

バドミントンのスマッシュを早く打つ方法として手首の使い方を場面で使い分けることが必要です。シャトルの真下にしっかりと入り込めるときは手首の使い方としてうちわをあおぐような手首の使い方をします。シャトルの真下にしっかりと入り、間に合っているのに手首を招き猫のように使うとチカラも思うようにシャトルに伝わりません。

 

なので体制がよい場合には、手首を内輪でおような形で外側から内側ラケットを振っていきます。

もちろんスマッシュは手首だけでよくなるものではありませんが、手首の動かし方を変えるだけで改善されるのも間違いないです。なので手首の使い方を意識してスマッシュをうつように心がけてみましょう。

 

スマッシュで手首を使い分ける理由

 

繰り返しになってしまいますが、スマッシュで手首を使い分ける理由としては、良い体制と悪い体制ではスマッシュを打つ場所が変わってきます。追い込まれてからスマッシュを打つのは非常に難しいです。追い込まれたあとなので肩や肘などは上手に使えなくスマッシュにも威力が伝わらないことが多くあります。

 

そのときに唯一使えるのが手首です。手首を上手に使うことでスマッシュを沈めることもできるようになります。

追い込まれた時のスマッシュを沈める方法としても有効ですし、1度目に手首を使い沈めることで、返球がロビングになりやすく次のショットもスマッシュを良い体制で打てる可能性があります。

それでは次に2つの打ち分け方を解説していきます。

次は2つの打ち分け方は手首からについて

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

コメント

タイトルとURLをコピーしました