バドミントンスマッシュを【2つ】の手首の使い分けで覚える

バドミントンスマッシュを【2つ】の手首の使い分けで覚える

バドミントンのスマッシュの時に2つの手首の使い方を覚えるようにしていきましょう。バドミントンでスマッシュを打つときに良い体勢で入れる場合とバランスを崩して入る場合このようなことが考えられます。

その時に同じフォームでスマッシュをうとうとしてもうまく力が伝わらない場合があります。なので2つの手首の使い分けで無理のないスマッシュを打つ方法を解説していきたいと思います。

バドミントンのスマッシュは攻撃的なショットで打っていくことで有利に試合を運ぶことができます。なのでロビングやクリアが上がってきた場合、できる限りスマッシュをうち有利になるようにしていくといいです。

バドミントンのスマッシュを早く打つ手首の方法

 

バドミントンのスマッシュを早く打つ方法として手首の使い方を場面で使い分けることが必要です。シャトルの真下にしっかりと入り込めるときは手首の使い方としてうちわをあおくような手首の使い方をします。シャトルの真下にしっかりと入り、間に合っているのに手首を招き猫のように使うとチカラも思うようにさとるに伝わりません。

 

なので体制がよい場合には、手首を内輪でおような形で外側から内側ラケットを振っていきます。

もちろんスマッシュは手首だけでよくなるものではありませんが、手首の動かし方を変えるだけで改善されるのも間違いないです。なので手首の使い方を意識してスマッシュをうつように心がけてみましょう。

 

スマッシュで手首を使い分ける理由

 

繰り返しになってしまいますが、スマッシュで手首を使い分ける理由としては、良い体制と悪い体制ではスマッシュを打つ場所が変わってきます。追い込まれてからスマッシュを打つのは非常に難しいです。追い込まれたあとなので肩や肘などは上手に使えなくスマッシュにも威力が伝わらないことが多くあります。

 

そのときに唯一使えるのが手首です。手首を上手に使うことでスマッシュを沈めることもできるようになります。

追い込まれた時のスマッシュを沈める方法としても有効ですし、1度目に手首を使い沈めることで、返球がロビングになりやすく次のショットもスマッシュを良い体制で打てる可能性があります。

それでは次に2つの打ち分け方を解説していきます。

 

2つ打ち分け方は手首から

 

スマッシュの2つの打ち分け方は手首の使い方で分けていきます。

  • 手首を招き猫のように縦に使う
  • うちわをあおぐように横に使う

この2つの方法になります。

追い込まれてからスマッシュを打つ場合には、ラケットが頭よりさらに後ろで振ることになります。その時にすでに追い込まれているので、スマッシュを打つにも打てない状況です。

そのような時には、手首を利用してインパクトの瞬間に力を入れて沈めていきます。このケースの場合、スマッシュの速度を求めるのではなく、沈めていくことを目的にしていきます。

次に繋がるショットとなることを念頭に置いて手首でスマッシュを打ちましょう。

 

次にうちわのようにあおぐようにスマッシュを打つときは、頭より前でインパクトをむかえられる場合です。

その場合には、肩や肘などを含めた体全体が使えるので、そのときは沈めると言うよりは打ち込んでいくつもりでいきましょう。打ち抜けなくても、次のショットやさらにその次のショットを確実に沈めて押し込むイメージです。

このようなときは、手首の動きとしては、うちわをあおぐような動作をしていきましょう。

こうすることで、威力のある沈んでいるスマッシュが打てます。

 

今回はスマッシュを打つ時の手首の使い方について2つの方法を解説しました。

いかがだったでしょうか。

手首の使い方を場面により変えていくことで、スムーズに打てるようになります。ぜひ、色々な打ち方を学んでみてください。

 

スマッシュに関する関連記事はこちらからご覧ください。

関連記事→ バドミントンジャンプスマッシュにチャレンジ(筋肉・膝・トレーニングラケット)