【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントン【後衛】バック奧がダブルスできない(左利き)

4.0
バドミントンの打ち方①スマッシュバドミントン上達
バドミントンの打ち方①スマッシュ
この記事は約6分で読めます。

 

バドミントン【後衛】バック奧がダブルスできない(左利き)

バドミントン【後衛】バック奧がダブルスできない(左利き)

こんにちは。スゴバドです。今回はバドミントン後衛バック奧ができない(左利き)というお話をしていきます。ダブルスでの後衛のバック奥はレシーバーに取ってみると攻守を逆転させるチャンスを掴みやすい場所と言えます。なので攻撃している時にはバック奥の処理が上手なほど攻撃の手を休めなくて良かったり、またはバック奥に追い詰められても切り返せるようになります。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントンの後衛

バドミントンの後衛では初心者のうちは特に左に振られ、右に振られて大変な思いをします。

なぜ後衛をやっていて大変な人と大変ではない人がいるのでしょう。

スマッシュが早くなればこんなの解消できる!

確かにそれも1つの方法だと思います。

それでも、ショット力にはあまり自信がないけど、どうにかしたい!後衛を。

という人にお届けします。

これには3つのことができているとバドミントンの後衛が楽になります。

  1. フットワークの強化
  2. 100%で打たない
  3. 次は反対側にシャトルが返球してくると予測する

後衛では奧に追いやられると相手がどこにいるのかもわかりません。

そのため、後手にまわってしまいがちです。

そこはフットワークで解消していきましょう。

フットワークに関しては関連記事から開設を読んでほしいと思います。

関連記事

次の100%で打たないということです。

例えばスマッシュを100%で打ってしまうと身体がガチガチになりやすいので、次のショットへの対応が遅れます。

こういうときは、反対側の奧に飛んでくるかもしれない。軽めに打って次のショットで崩そう。

としてみると反応が良くなります。

次に予測を立てると言う事です。

この予測が立てられる様になればバック奧に追いやられても、次のショットで有利に変わる事が可能です。

バドミントン後衛でバック奧ができない(左利き)ラウンド編

 

バドミントン後衛でバック奥ができない、苦手な選手が多いです。左利きの選手でも、特に後衛のバック奧に攻められるとミスしたり、崩れてしまう人を見かけます。

左利きも右利きもバック奧ができないなら、ホームポジションの位置を思い切って変えてしまう事をおすすめします。

苦手な方に少しよって待てば良いのです。

得意な方は自然と足がでるので、多少遠くなっても追いつきます。

左利きも、右利きも、後衛でバック奧に追い込まれたら、バック奧側にポジションを取る様にしてみましょう。

やっていくうちにちょうど良いポジションがみつかると思いますので、試しながらバック奧でやられない自分なりのポジションを探してください。

バドミントン後衛でバック奧ができない(左利き)ハイバック対応編

前の章でも解説したようにポジションを変える事で後衛も有利になります。

しかし、ポジションを大きく変えるリスクもあるのも事実です。

その場合は左利きも右利きも後衛でバック奧を狙われた場合、ハイバックで対応してみると良いです。

後衛でバック奧を狙われた時ハイバックで対応するメリットは、前の章で解説したホームポジションを変更しないでも、後衛でのバック奧の対処ができるという点です。

このハイバックが打てる様になると、後衛でのバック奧からの対応に幅が広がります。

優先順序は低いと思いますが、一通りショットが打てる人は後衛強化になりますので、是非とも練習してバック奧を強化してください。

ハイバック関連記事

 

左利きの戦い方

ダブルスでの左利きのメリット

 

ダブルスでの左利きのメリットはなんと言っても、相手が右利きと勘違いして、左奥にシャトルが飛んできて、左利きのフォアになるので、フォアでしっかりとしたショットが打ちやすくなります。

左利きは右利きの苦手なバックハンドのカバーもできます。

左利きはダブルスでは、左ボックスにいることを増やすことで、右利きと組んだ時に有利に展開することができます。

 

ダブルスでの左利きのデメリット

 

ダブルスでの左利きのデメリットは右利きと組んでいる時に、センターに打たれるショットにあります。

お互いがフォアになったり、お互いがバックになることで重なりが増えてしまう場合があります。

 

特にバックハンド同士なってしまう場合などは、お見合いになったり、お互いが触らなかったりとなってしまうこともあります。

デメリットになる部分をお互いに話をして、コートカバーができるようになるといいですね。

 

シングルスでの左利きのメリット

 

シングルスでの左利きのメリットはダブルスでのメリットと同じで、無意識に相手がフォア側とバック側を勘違いしてしまうことで、しっかりと打てるショットが増える場合があることです。

とっさの時にでるチャンスを大切にしていきたいですね。

シングルスでの左利きのデメリット

シングルスでの左利きのデメリットは、相手がしっかりと左利きだと理解してラリーをしてきた時に、追い込まれた場合です。

追い込まれたショットでもしっかり返球できるように練習していきましょう。

 

特に、ラウンド奥(右奥)に追い込まれた時にしっかりと対処できるようにしていきましょう。

 

関連記事

ハイバックが飛ばない時に試して欲しい4つのこと

 

ハイバックでバック奥を強化

初心者には難しいと言われるハイバック。なぜ難しいかというと、打点を知らないで当てているからというのが大きな原因だと思います。オーバーヘッドストロークでフォア打ちをする場合には、基礎でスマッシュを打つ打点はここですよ〜と習います。

しかしバックハンドでは実際にどこで当てたら良いのかわからない人も多いと思います。

この動画で打点の確認をしてハイバックの強化をしてみてください。

この動画について詳しく知りたい方は公式サイトからご確認ください。

有田浩史のゼロから始める!バドミントン上達テクニック ~初心者が3ヶ月で劇的に変化する「9つの基本フォーム」練習法~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました