子育てバドミントンでやる練習方法と考え方と接し方

 

子育てバドミントンでやる練習方法と考え方と接し方
子育てバドミントンでやる練習方法と考え方と接し方

こんにちは。スゴバドです。「子育てとバドミントンを一緒に考える発想て素敵じゃないですか?」

今回は子育てバドミントンでやる練習方法と考え方と接し方というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

子育てバドミントンの考え方

私は子育てとバドミントンは切っても切れない存在です。

それは、私がバドミントン愛好家だからでしょう。しかしそれは逆に言えばどんなスポーツを子供がやってもいいとも考えています。

 

アクティブ・ラーニングというアメリアからきた考え方があります。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、アクティブ・ラーニングとは、子供の成長を最大限に引き延ばし、将来有望になる人材にする子育てのことです。

 

といえば大げさですが、子育てで、大切な「自信をつけてもらう」ことを中心にした考え方のことです。

自信のない子に育てる子育て方法

例えばですが、自信のない子に育てるにはどうしたら良いかわかりますか?

 

簡単です。

 

  • 「お前はなにをやってもできないやつだ」
  • 「どうせこれをやったってできないに決まっている」
  • 「何度言ってもなんで出来ないの?」

 

こんな言葉をずーーーーっと聞かせていれば簡単に「自信のない子」に育てることができます。

 

自信のある子に育てる子育て方法

ということは、自信のある子に育てるには、簡単ですね。

  • 「凄いね。これもできたんだね。一生懸命練習してたからだね」
  • 「チャレンジしてみよう。みんなのやるのを一生懸命観察してたよね。君ならできるよ」
  • 「今回はその前よりもよくなってるじゃないか。いいね。」

 

 

などと、子供の反応によっても切り替えることで、子供に響くように伝えてほしいと思います。

そして、褒める時は努力したから上手になった事を伝えて欲しいです。

 

子育てバドミントン接し方

上記の事から、子育てバドミントンでは、上達<自信ということになります。

では、上達しないのでしょうか?

 

そういうことでは、ありません。

 

上達させていく事を目的にするのではなくて、楽しむ事で、バドミントンへの関心を深く子供に持ってもらうことが大事になります。

 

その際に更に大事になってくるのが、私たち親や指導者の存在になります。

 

その存在が自信<上達に向いていると、どの子供でも持っている潜在能力を引き出すことが出来なくなります。

 

親も指導者も子供と同じ目線で向き合っていけることが、子供の上達に繋がります。

 

そして、自信を持った子供は、バドミントンだけではなくて、別の分野でも活躍出来る存在へと成長してくれます。そうした、存在になることが最終的な目標になります。

 

子育てバドミントン練習方法

子育てバドミントンでも基本的には、私の方で書いている記事を目安に、打ち方などを確認してください。

また、腹筋、背筋、腕立て伏せを小さい時から行なうのはとても危険です。

その年代にあった練習というよりは、その年代に伸びる練習を取り入れていくといいでしょう。

 

バドミントン成長期ゴールデンエイジとは

子供の成長の中でも小学生は、神経系の発育が非常に良くバドミントンのスピード練習と技術向上
の練習方法とトレーニングが必要になってきます。

 

プレゴールデンエイジ

小学生低学年(6歳~8歳)をプレゴールデンエイジと呼びます。

習得行動

  • 走る
  • 跳ぶ
  • 投げる
  • 取る

この時期に基本的な動きを覚えておくことが良いです。

 

ゴールデンエイジ

小学生高学年(9歳~12歳)は、ゴールデンエイジと呼びます。

神経系の発達に伴いコーディネーション能力が急激に伸びる時期です。

コーディネーション能力とは、上手にできない動作を調整して上手に順応することを言います。

習得行動

  • スピード
  • テクニック

 

適切なトレーニングでスピードとテクニックが上達する時期になります。
このゴールデンエイジの時期にバドミントンのいろいろな技術を習得すると伸びしろが増えます。

スピードフットワークなどの素早い練習メニューを取り入れいることで上達を加速させることができる時期でもあります。

それに付随する練習メニュー+トレーニングを行うことが非常に重要です。

 

このゴールデンエイジやプレゴールデンエイジの時期を大切に技術の向上を図ることも当然上達には大いに必要なことです。

 

 

 

体幹トレーニングの種類

先ほど、腕立て伏せや腹筋、背筋をいう例を出しました。

これらは、外側の筋肉、アウターマッスルを鍛えることになります。

そして、体幹のコア(核)の部分に近い内側の筋肉をインナーマッスルと言います。

更に準備運動などで導入されているクラブや学校も多いと思いますが、ストレッチと言うものがあります。

ストレッチは準備運動・柔軟性の向上、怪我予防の為に行なうものです。

(ストレッチについては静的ストレッチはあまり行なわないほうがいいという意見もあります。)

 

体幹トレーニングの種類としては3種類は

  • ストレッチ
  • アウターマッスル
  • インナーマッスル

になります。

 

その中で普段鍛えにくいのはインナーマッスルです。

なので、練習中はインナーマッスルを鍛える練習を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

日本人サッカー選手の長友選手が監修されている体幹トレーニングを纏めていますので、こちらも併せてみてみると良いでしょう。

長友選手の場合はストレッチに関して言えば、1日の中で数回行なっていると言っています。

この他にも、海外のジュニアチームの練習では、体幹トレーニングをやりながら、バスケボールを転がしてパスしていくゲームを導入したりともう一工夫して、子供たちを楽しませながら、練習しています。実際は普通に体幹しているほうが楽ですが・・・

 

 

 

その中でオススメなのは、縄とびなどに近いチャイナステップやリアクションステップやフットワークを取り入れた練習などです。

 

まとめ

 

今回は子育てバドミントンでやる練習方法と考え方と接し方ということでお話をしてきました。